女性だけではなく男性も少しずつ増え、多くの患者に適切な看護を行っているのが看護師という職種だ。
看護師長まで昇進できれば、一千万単位の年収も夢ではない。

看護師の年収他の職種と比べると高めであるものの、実は他の医療系職種と比較しても低く設定されている。
一般的な看護師の場合平均五百万円ほどになっており、医療系職種の中ではそれほど高い年収になっていないのが現状だ。
少なからず年収の低さが看護師の慢性的な人材不足に繋がっているため、改善が求められている。
そこで多くの医療施設が給料の見直しを行い、少しでも多くのお金を給料として支払えるように工夫している。
そして多くの医療施設が、優秀な看護師を確保できるよう様々な取り組みを行っている。

ただ、医療施設によってどのような取り組みを行っているのかは異なる。
基本的には、福利厚生を充実させるだけではなく、昇給頻度を高くすることで納得できる給料に調整していることが多い。
その他賞与の金額を増やすなど、医療施設によって様々な対策が行われている。
そのため給与アップを目指して転職を考える場合、基本給だけではなく、昇給や賞与なども細かくチェックし、多くの収入を獲得できるのか見極めなくてはならない。

また、医療施設だけではなく、国の方針によって看護師の給料アップを促している傾向もある。そのような背景から、看護師の収入面にはまだまだ改善の余地があるものの、多くの収入を得られるチャンスも恵まれるようになっている。